ポケモンGOあれこれ

ポケモンGOの日記がメイン、時々ためになる情報

【都心から1時間の小江戸】川越観光スポット【ポケモンGO】


Hatena

都心から電車で約1時間、昔ながらの風景が残されており、国の指定文化財も多い小江戸「川越」に行ってきました。

 

アクセス

都心から約1時間で川越に行くことができます。

主要駅からの所要時間

●池袋から・・・・・・
東武東上線急行・川越駅(約30分)
●新宿から・・・・・・

西武新宿駅
       西武新宿線急行・本川越駅(約60分)
        ※特急“レッドアロー号”を利用(約45分)

新宿駅

       JR埼京線快速・川越駅(約50分)
●渋谷から・・・・・・
東京メトロ副都心線・川越駅(約1時間)
●横浜から・・・
東急東横線・川越市駅(約1時間半)
●新木場から・・・
東京メトロ有楽町線・川越駅(約1時間)
●八王子から・・・
JR八高線・高麗川経由・川越駅(約60分) 

 

※新宿(実際は西武新宿駅)からの場合、観光の中心地に近い本川越駅を利用することを推奨します。

特急レッドアロー号の詳細は以下から。

 停車駅のご案内:西武鉄道Webサイト

f:id:takuro0980:20161112184803j:image

SuicaやPASMOを持っていれば、特急券を500円で購入してSuicaで入場し乗ることになります。

f:id:takuro0980:20161112184854j:image

試しに使ってみましたが、前の席との幅が非常に広くだいぶゆったりでぐっすりでした。

川越駅

f:id:takuro0980:20161112135820j:image

私は東武東上線の川越駅で降りて観光をしたのですが、まず駅から江戸感がでていました。

 f:id:takuro0980:20161112135838j:image

トイレにまで屋根がついています。

f:id:takuro0980:20161112135922j:image

おじゃマップで紹介された大福屋さんもありました。

川越の人気の観光スポット

f:id:takuro0980:20161112144543j:image

東武東上線川越駅を利用する場合、改札を出てすぐのところにある観光案内所か、右に行くと交番があるため、そこでまず観光マップをもらいましょう。

 f:id:takuro0980:20161112185631j:image

駅出て右に行き、左手の方に進んでいくと、バス乗り場がいくつか見えてきますので、1,2,3番のバス乗り場に行きましょう。

バスで蔵のまち(街)エリアへ

 f:id:takuro0980:20161112190111j:image

川越と言えばまずココ!と呼ばれるのが蔵のまちエリアです。鎌倉でいう小町通りのようなところです。土曜日に行ったのですが、バスの停留所はものすごい人の量です。まっすぐ蔵のまちエリアに行きたい場合、1番のバスで行けたようなのですが、人の並びが多かった3番の「小江戸名所めぐりバス」の乗り場に並びました。

f:id:takuro0980:20161112190412j:image

バスに乗る手前で車掌の人がバスチケットを300円で販売しています。300円で川越エリアのバス乗り放題とお得に見えますが、後述の人の多さもあり、最初の一回しか乗りませんでした。。

 3番のバスに乗った場合、T5の大手町で降りると蔵のまちエリアにすぐ行けます(所要時間約20分)。バスの運行間隔は、時間にもよりますが休日であれば大体15分〜30分です。

 注意しないといけないのはこの周遊バスは片道運行という点です。例えばT5で降りた後にT2に行こうとしても、逆方向のバスがないためぐるっと一周する必要があります。

観光できるスポットの端から端まで大体25分くらいなので歩いていけないこともありません。

f:id:takuro0980:20161112211420p:image

周遊バスはご覧の通り超満員。大体客層は50〜70歳の中高年でした。また、中国人と韓国人も多く、うまく観光客を取り込んでいる町だと感じました。超満員の中でも上を見上げると空が見え開放感あふれています。

小江戸を感じる蔵のまちエリア

f:id:takuro0980:20161112212033j:image

3番バスのT5:大手町で降りてすぐ左に曲がると様々な小江戸を感じる食べ物屋や雑貨屋さんが立ち並びます。

f:id:takuro0980:20161112212935j:image

メイン通りに着くまでには観光スポットのひとつである時の鐘があるのですが、2016年11月12日現在は改修工事中で入ることができませんでした。

f:id:takuro0980:20161112212405j:image

ここがメイン通りです。南北に300メートルほど広がるこのエリアはすきまなくビッチリと様々な店が立ち並びます。

蔵のまちエリアの人気の食べ歩き屋
  • 中市本店

f:id:takuro0980:20161112213757j:image 

中市本店の「ねこまんま」(1個220円)はテレビに取り上げられるほど有名です。最近でいうとシューイチで取り上げられていました。

シューイチ9時半越え「オトナ女子旅 川越 人気スポット巡り」ご紹介情報11月6日 | fashionpressblog

網の上で作られる焼きおにぎりに、これでもかと言わんばかりのかつおぶしをふりかけ提供されます。

  • 楽楽

f:id:takuro0980:20161112215917j:image

楽楽は食べログ評価3.6を誇る味噌パンが有名なお店です。

[食べログ]アクセスが制限されています

f:id:takuro0980:20161112220303j:imagef:id:takuro0980:20161112220412j:image

 外で食べられる場所があり、ホットコーヒーと麦茶が無料で提供されます。

f:id:takuro0980:20161112220741j:image

道路を挟んで反対側には同じ名前のサンドイッチ屋さんがあります。

f:id:takuro0980:20161112221320j:imagef:id:takuro0980:20161112221350j:image

  •  つぼやき 平本屋

f:id:takuro0980:20161112222344j:image

普通やきいもと言ったら石焼イモを想像しませんか?

ここは壺で焼く大変珍しいやきいも屋さんです(1個300円)。

f:id:takuro0980:20161112222607p:image

画面中央のオレンジ色で囲まれた部分が蔵のまちエリアのため、少し外れたところにありますが、わざわざ外れてでも行く価値はあります。

f:id:takuro0980:20161112223229j:imagef:id:takuro0980:20161112223411j:image

特別に焼き方を見せていただきました。石の上で焼いているわけではなく壺の中で蒸しているため、皮まで柔らかく、丸ごと食べることができました。

f:id:takuro0980:20161112223424j:imagef:id:takuro0980:20161112223432j:imagef:id:takuro0980:20161112223437j:image

非常に珍しいやきいもということもあり、モヤさまやももクロ、草刈正雄さんも足を運んで食べられたそうです。

 

 ※参考1:他の食べ歩き屋

全部の店に入りきれていないのですが、美味しそうなお店の写真は撮ったので参考までに紹介させていただきます。

f:id:takuro0980:20161112222047j:imagef:id:takuro0980:20161112222105j:imagef:id:takuro0980:20161112222216j:imagef:id:takuro0980:20161112222228j:imagef:id:takuro0980:20161112222243j:image

 

※参考2:私が食べた昼ごはん

  • とりせい

f:id:takuro0980:20161112221509j:image

f:id:takuro0980:20161112221544j:image

時の鐘のほぼ真向かいにあるとりせいさんに行ってきました。

f:id:takuro0980:20161112221626j:image

外には写真付きメニューもあります。私が頼んだのは「鳥カルビ肉の炭火焼風釜飯定食」でしたがこれが超絶品!!私が今まで食べた釜飯で1番と言っても過言ではないくらい美味しかったです!自信を持ってこれはオススメできます。ただし、ご飯がものすごい量でだいぶお腹いっぱいになりますのでご注意ください。

菓子屋横丁

f:id:takuro0980:20161112225321j:image

f:id:takuro0980:20161112225336p:image

蔵のまちエリアの北西部に菓子屋横丁という、駄菓子屋だけのエリアがあります。

f:id:takuro0980:20161112225436j:imagef:id:takuro0980:20161112225443j:image

昔懐かしの駄菓子がたくさん見つけられるのと共に、アメ細工作りが体験できる出店もありました。

神社・美術館・博物館

神社が好きな方や御朱印めぐりをしている方は、古き良き建物が立ち並ぶ川越はとても魅力的に感じると思います。

ただ私が行った時はほぼ蔵のまちエリアで終わってしまったため、詳細は以下を参照してください。

 川越観光のおすすめスポット40選。人気な小江戸を散策しよう - Find Travel

  •  川越氷川神社

f:id:takuro0980:20161112223627j:image

川越氷川神社は主に恋愛や1年安泰を祈願するために訪れる方が多い神社です。

f:id:takuro0980:20161112223907j:image

鳥居をくぐるとすぐに見えるのが自分についている汚れ(よごれ、けがれ)を祓ってくれる人型の紙があります。ポケモンのしすぎで汚れた体を少し清めようとやってみました。

f:id:takuro0980:20161112224426j:image

この紙に自分の汚れをすべて移し、水に浮かべることでお祓い完了です。

f:id:takuro0980:20161112224558j:image

浮かべた紙が、、

f:id:takuro0980:20161112224632j:image

なんと分断、、!意外な結末でした。

f:id:takuro0980:20161112224711j:image

奥の方に行くと、1年安鯛(安泰)みくじと会い鯛みくじがあります。釣竿を使って鯛を釣り上げ、そこにおみくじが挟まっています。

f:id:takuro0980:20161112224953j:image

とりあえず釣ってみましたがなんとも言えない結果でした。

川越でポケモンGO

川越でポケモンGOをするとなると川越水上公園なのですが、小江戸めぐりは逆側の場所だったため、そちらには行けませんでした。

  •  蔵のまちエリア

f:id:takuro0980:20161112230417p:image

蔵のまちエリアは数個のポケストップと数個のジムがありました。すべてGO Plusに任せてやっていましたが、出現している時は3,4回連続で鳴りました。1時間に10体捕まえられればいい方でしょうか。レアは見かけませんでした。とりせいさんで待ち時間の間、ポケソースが幾つかあったので捕まえることができました。

f:id:takuro0980:20161112230904p:image

また、目の前が時の鐘でジムになっていたためとりあえず威嚇のカイリュー置いてみました。割とあっさり帰ってきましたが、2時間くらいは粘ってくれていたようです。

  • 川越氷川神社

f:id:takuro0980:20161112230637p:image

ジム1個、ポケストップ1個でした。

  • その他

f:id:takuro0980:20161112231101j:image

ピカ、、、チュウ?ちなみに手前はドラえもんです。

f:id:takuro0980:20161112231115j:image

最近1週間持たず電池切れます。この会社が作っているのでしょうか。

1日川越を楽しむために必要な費用

12時から17時くらいまでの滞在で使った費用です。参考までに載せておきます。5000円あればお釣りがくるくらいでした。

  • 交通費:1800円

往復1500円+バスフリー乗車券300円

  • 食費:1500円

昼ごはん1200円+食べ歩き300円

  • お土産:1000円
  • 雑費:300円(おみくじ)

合計:4600円

まとめ

川越は最近テレビで紹介されるようになり、都心からのアクセスも良いことから、非常にたくさんの観光客が訪れる街です。

1日で回りきることはなかなか難しいため、川越の旅館に泊まる前提で、土日で行くことを検討してみてはいかがでしょうか。